阿倍野区、御堂筋線天王寺駅や昭和町駅の賃貸物件なら賃貸DESIGNのTOP > 賃貸DESIGN昭和町本店のブログ記事一覧 > 賃貸トラブルでよくある床の傷 修繕費用は請求されるのか?

賃貸トラブルでよくある床の傷 修繕費用は請求されるのか?

賃貸物件のトラブルでよくあるのが、物件内の設備などの傷や破損です。

 

その中でも特に起こりやすいのが、フローリング床の傷の発生です。

 

生活していく中でどうしても発生するものですが、修繕費用を請求される可能性はあるのでしょうか?

 

今回は床の傷をつけてしまった場合、あるいは見つけてしまった場合の修繕費用発生の有無と、トラブルを防ぐための対処について説明します。


床の傷


賃貸物件で床に傷をつけてしまったら費用はかかるの…?


 賃貸物件で傷をつけてしまった場合、修繕費用は請求されるのでしょうか。

 

この判断は賃貸物件から退去する際に、大家さんや管理会社のチェックによって判断されます。

 

また、傷や汚れの程度によっても変わります。

 

もちろん普通に生活している傷や汚れであれば、退去後は通常ハウスクリーニングを行い、傷や汚れは修復されるので、請求は発生しないと考えられます。

 

請求が考えられるのは、通常のハウスクリーニングでは修復できないケースです。

 

例えば、家具や椅子などによってフローリングを大きく傷つけてしまった場合や、窓を開けっ放しにして入ってきた雨やほこりの吹き込みによる汚れや変色、ペットによる傷やタバコの焦げなどの場合です。

 

請求される場合、敷金がある賃貸物件はそこから差し引かれます。

 

もしも敷金がない物件の場合は、実費請求される可能性があるので注意が必要です。

 

自身が賃貸契約する前にもともと床に傷があった場合は…


入居する前からもともと傷があるケースがあります。

 

おそらく前の入居者がつけたと考えられますが、もしそのままにしていると自身がつけた傷として請求されてしまう可能性があります。

 

それを防ぐために、すぐに写真を撮影するようにしましょう。

 

いつ撮影したのか残すことも大事です。

 

この方法であれば、退去時に入居前からあった傷だと証明できます。

 

また気になる場合は、見つけた時点で大家さんや管理会社に報告しましょう。

 

あらかじめ伝えておくことで請求を防ぐことができます。


賃貸物件の床の傷のトラブルを防ぐためには…


先に述べたとおりに生活によって小さな傷はついてしまいますが、そういった傷もなるべくつかないようにすることも大事です。

 

修繕費用を請求されるリスクを減らすためにも、きちんと対応することが大事です。

 

例えば、大きな重たい家具・家電やベッドには緩衝材を付けたり、フローリングの上にマットを敷いたりして、できるだけ床への負荷や衝撃を減らすようにしましょう。

 

これだけでも床を傷つける危険性は低くなるでしょう。


お金

 

まとめ

 

賃貸物件での床の傷のトラブルは発生しがちです。

 

そういったトラブルを発生させない、トラブルに遭わないためにもきちんと対処や対応をするようにしましょう。

 

賃貸DESIGN 昭和町本店では、天王寺周辺の賃貸物件をご用意しております。

 

お部屋探しをするなら、お気軽にお問い合わせください。

≪ 前へ|賃貸の壁にシールを貼りたい!きれいに貼る方法と注意点は?   記事一覧   桜咲く春におすすめ!大阪市天王寺区の子どもと楽しめる公園を紹介|次へ ≫

トップへ戻る