大阪市の賃貸物件なら賃貸DESIGN > 賃貸DESIGN 昭和町本店のブログ記事一覧 > 賃貸でのお部屋探しのコツ!「専有面積」について知っておこう!

賃貸でのお部屋探しのコツ!「専有面積」について知っておこう!

初めてのお部屋探し。

 

しかし見たこともない専門用語がたくさん出てくると、どのお部屋いいのかわからなくなってしまいますよね。

 

そんな賃貸物件の専門用語の一つに「専有面積」があります。

 

はたして、賃貸物件の「専有面積」とはどのような言葉なのでしょうか。


賃貸物件

 

賃貸探しと専有面積 「専有面積」とは?


専有面積とは、部屋を借りている人が、自分だけのスペースとして利用できる部分の面積を指しています。

 

ところが、専有面積は必ずしも居住スペースの面積とは限りません。

 

たとえば、配管スペースのような場所も専有面積に含まれます。

 

一方で、居住空間の一部であるにもかかわらず、専有面積に含まれない部分もあります。

 

それが、バルコニーとロフトです。

 

ここからは、なぜバルコニーやロフトが専有面積に含まれないのか、具体的に見ていきましょう。

 

賃貸探しと専有面積 バルコニーは専有面積に含まれない


バルコニー及びベランダは専有面積に含まれません。

 

つまり、バルコニーやベランダは共用スペースなのです。

 

バルコニーやベランダは、洗濯物を干したり、植木鉢を置いたりする場所。

 

広めのバルコニーやベランダだと、子どもたちを遊ばせることもできます。

 

バルコニーやベランダを自分のスペースだと考え、共用スペースなどと考えていない人が多いと思います。

 

バルコニーに他人が入ってくることなんてないのに、なぜ専有面積に含まれないのでしょうか。

 

それは、火事や地震などの避難が必要な状況では、バルコニーが避難映路となるから。

 

実は、バルコニーの仕切りは、蹴り飛ばせば簡単に壊れ、隣のバルコニーに移動することができます。

 

緊急事態の時は、仕切りを壊して批難できるようになっているのです。

 

さらに、バルコニーの中には、下の階に移動できる批難はしごが設置されているものもあります。

 

そのため、バルコニーやベランダは専有面積には含まれないのです。


ロフト

 

賃貸探しと専有面積 ロフトは専有面積に含まれない


ロフト部分も専有面積には含まれません。

 

なぜなら、ロフトは「屋根裏収納」として扱われているからです。

 

しかし、一部のロフトは専有面積として計上されることがあります。

 

それは高さが1.4m以上、面積が下の階の半分以上あり、常に利用されている状態にある場合です。

 

ロフト付きの物件を希望する場合は、記載された専有面積がロフトを含んでいるものかどうかも調べましょう。

 

まとめ


いかがでしたか?

 

専有面積は必ずしも居住スペースの面積とは一致しません。

 

賃貸を決める際は、専有面積の数字だけで判断せず、間取りをしっかりと見たり、実際に内覧したりして決めるようにしましょう。

 

賃貸DESIGN 昭和町本店では、阿倍野区を中心に1人暮らしにおすすめの物件を豊富にご用意しております。

 

お部屋探し・お引越しに関するご相談は、賃貸DESIGN 昭和町本店までお問い合わせください。

≪ 前へ|賃貸物件の内見時に見るポイントは?持ち物とチェックリストをご紹介   記事一覧   阿倍野区にあるおすすめのカフェとは?駅近や落ち着けるお店を紹介|次へ ≫

梅本 ゆかり 最新記事



梅本 ゆかり

事務を担当させていただいてます!お問い合わせをお待ちしてます♪

スタッフ情報を見る

トップへ戻る