阿倍野区、御堂筋線天王寺駅や昭和町駅の賃貸物件なら賃貸DESIGNのTOP > 賃貸DESIGN昭和町本店のブログ記事一覧 > DINKSが暮らしやすい間取りや設備が付いたマンションはどんな物件?

DINKSが暮らしやすい間取りや設備が付いたマンションはどんな物件?

生活スタイルが多様化する現代では、あえて子どもを作らない共働き夫婦=DINKSを選択する方も増えてきました。

 

それに伴い、都心部ではDINKSを対象とした間取りの賃貸マンションも増えてきています。

 

一般的にDINKSは、夫婦ともに忙しい毎日を送っているので、働きやすい間取りにすると、過ごしやすくなります。

 

今回は、DINKSにおすすめのマンションの間取りをご紹介します。


DINKSにおすすめのマンションの広さ


DINKS向けの賃貸マンション


DINKSにおすすめのマンションは、シングル向けとファミリー向けの中間にあたる物件、いわゆるコンパクトマンションです。

 

子供がいないDINKSの場合、夫婦が過ごす部屋だけで済むため、ファミリータイプの賃貸マンションよりコンパクトな間取りでも十分暮らせますよ。


DINKSにおすすめの間取り


11LDKにするメリット

 

1LDKの間取りは寝室も1部屋のみなので、夫婦で過ごすスペースが多くコミュニケーションを取る時間が増えやすくなりますよ。

 

22LDKにするメリット

 

寝室が2部屋ある2LDKは、仕事の兼ね合いで起床時間・就寝時間が合わないなどの場合に、お互いの睡眠を邪魔せずに済むメリットがあります。


DINKSにおすすめのマンションの設備


DINKS向けの賃貸マンションに付いている設備


1)大きすぎないキッチンを設置しているマンションを選ぶ

 

夫婦2人とも忙しく働くDINKSの場合、ゆっくり料理する時間を確保するのは難しいため、外食や総菜ですませることもあるでしょう。

 

そのため、普段からあまりキッチンを活用しない夫婦であれば、ファミリーサイズより小さめのキッチンでも不便はないでしょう。

 

キッチンが小さい分、リビングや個室のスペースは広めの間取りを選ぶと、くつろげるスペースが広がりますよ。

 

2)時短できる設備を設置しているマンションを選ぶ

 

夫婦ともに仕事と家事に追われるDINKSは、いかに時間を効率良く使うかがポイントです。

 

そのため、仕事が終わった後でも家事をしやすいように、食器洗浄乾燥機や浴室乾燥機などが付いている賃貸マンションだと、家事を上手に時短できますよ。

 

また、再配達の手間を省ける宅配ボックスや、24時間ゴミ出し可能なゴミ置き場があると、より生活しやすくなります。


まとめ


以上、DINKSにおすすめのマンションの間取りをご紹介しました。

 

子供を設けないDINKSの場合、コンパクトマンションをおすすめしますが、間取りは夫婦の生活リズムに応じて決めたほうが良いでしょう。

 

また、夫婦2人ともフルタイムで働いている場合は、時短できる設備が多いマンションを選ぶことをおすすめします。

 

賃貸DESIGN 昭和町本店は、昭和町駅・天王寺駅を中心に賃貸物件ご紹介しております。

 

気になる物件がございましたら、お気軽にご相談ください。
≪ 前へ|賃貸物件の内見時に見るポイントは?持ち物とチェックリストをご紹介   記事一覧   阿倍野区にあるおすすめのカフェとは?駅近や落ち着けるお店を紹介|次へ ≫

トップへ戻る