阿倍野区、御堂筋線天王寺駅や昭和町駅の賃貸物件なら賃貸DESIGNのTOP > 賃貸DESIGN昭和町本店のブログ記事一覧 > 一人暮らしで引っ越しの挨拶をするべきなのかどうか?

一人暮らしで引っ越しの挨拶をするべきなのかどうか?

これから一人暮らしを始めようと考えている方や、引っ越しを検討している単身者の方の中には、隣室や上下階の部屋に挨拶をするべきか悩んでいるという方もいるかもしれません。

 

一昔前までは引っ越しの挨拶は礼儀とされていましたが、現代ではそれほど重要視されてはおらず、むしろ挨拶をしなくてもいい場合もあります。

 

そこで今回は、一人暮らしをする際の近隣への挨拶について、必要性やデメリットなどをご紹介します。

 

一人暮らしでも引っ越しの挨拶はするべき?


インターフォン


一昔前までは、引っ越しをしたら近隣のお宅へ挨拶をするのがあたりまえでしたが、今ではさまざまな理由から挨拶をしないケースが増えています。

 

特に単身者の方はその傾向が顕著で、たとえば女性の単身者の場合、一人暮らしであることが分かってしまうと犯罪に巻き込まれるリスクが高まるため、防犯上の理由からあえて挨拶をしないという方も多いのです。

 

また、ご近所付き合いを不要だと考えている方もおり、特に単身者が多く住んでいる賃貸物件だと「引っ越したら挨拶をする」という感覚がない方もいます。

 

さらに単身者の多い賃貸物件では、生活リズムが異なるためすれ違わない、また訪ねても会えないことも珍しくないので、隣室や上下階の部屋に誰が住んでいるのか分からないというケースも少なくありません。

 

良かれと思って挨拶をしたのに嫌な顔をされた、というケースも少なからずあるため、単身者が多い賃貸物件なら無理に挨拶をする必要はないでしょう。

 

なお、本当に挨拶をしないでもいいのかと不安に思う方は、不動産会社などに確認してみることをおすすめします。

 

一人暮らしで引っ越しの挨拶をしないデメリット


デメリット


無理に引っ越しの挨拶をする必要はありませんが、以下のようなデメリットもあると留意しておきましょう。

 

・第一印象が悪くなる恐れがある

長く住むならいつかは顔を合わせる機会があるでしょうが、引っ越しの挨拶に行っていないことで悪い印象を持たれてしまう可能性があります。

 

最初に良くないイメージが定着すると、ご近所付き合いにも影響する恐れがあるため、できるだけ円満な付き合いを望むなら挨拶をしておくと良いでしょう。

 

・生活音からトラブルに発展する可能性がある

生活音に関して、顔見知りの方だとあまり気にならないのに、見ず知らず方だと必要以上に神経質になってしまうという方は少なくありません。

 

引っ越しの挨拶をしないで疎遠な関係を築いていると、生活音からトラブルに発展する恐れがあるので注意しましょう。

 

逆に、挨拶をして顔見知りになっておくと、多少の生活音は大目に見てもらえる可能性があります。

 

・入居者とそうじゃない方の区別ができない

ご近所付き合いを避けたい方であっても、防犯上、隣の部屋に誰が住んでいるのかは知っておくのが望ましいでしょう。

 

入居者とそうじゃない方の区別がある程度できれば、仮に不審者を見かけた際もすばやく対処ができます。

 

まとめ


これから一人暮らしをする場合、挨拶をするべきかどうか悩む方は多いでしょうが、女性の単身者は防犯上のリスクが高まるため、無理に挨拶をする必要はありません。

 

とはいえ、顔見知りになっておくことで避けられるデメリットもあるので、不動産会社に相談するなど安全を考慮した上で、挨拶するかどうかを決めましょう。

 

賃貸DESIGN 昭和町本店では、大阪市阿倍野区・住吉区・天王寺区の賃貸物件をご紹介しています。

 

上記エリアにてお住まいをお探しの方、一人暮らしを検討している方は、ぜひ当社へご相談ください

≪ 前へ|新婚さん必見!間取り選びで失敗しないコツをご紹介します!   記事一覧

松本 好司 最新記事



松本 好司

阿倍野区・天王寺区のエリアだけでなく、他のエリアでもお気軽にご相談ください! お客様のご希望物件を必ず探し出します!

スタッフ情報を見る

トップへ戻る